スポ少トラブル!サッカー部息子のミスが気に入らないママ友

soccer

私の息子は地域のスポーツ少年団(スポ少)に入団しました。クラブはサッカーでお世辞にもうまいとは言えませんが、頑張っていました。よくミスをしてしまう息子が気に入らないママ友に目をつけられトラブルになりました。今回はスポ少トラブルのお話です。

スポ少関連記事記事

初めての子育て。息子をサッカー少年に。

24歳の時に長男が生まれ、小学生になったとき、地域のサッカークラブチームに入部しました。

そこのチームは、地域でも一番大きなクラブだったこともあり、同じ小学校のお友達、ご近所の子が多く、息子はすぐに友達を作っていました。

スポンサーリンク

サッカークラブに通い始め・・

グランドに行くと、息子はすぐにお友達のところに行ってしまいます。

私は、付き添いで来ているお母さんたちの所へ行き、挨拶をしました。

学生の時などには友達作りで悩んだことはなかったですし、不安もなく、自然とお母さん方と会話はできていたと思います。

もともと同い年の息子を持つママ友同士、悩みも似ていて、話が共有できるだけで気分転換にもなりました。

スポンサーリンク

少しずつ、新しい環境に違和感を感じるように…

しかし少し気になったのは、年齢の差が結構あったことでした。

ママ友たちはアラフォー世代で、私は29才。

交流を繰り返すごとに10近い年齢差に少しずつジェネレーションギャップを感じることが増えていきました。

 

私は、息子が活躍した時には、歓声をあげて応援するのですが、他のママ友さんたちは、静かに手を振る程度。

でも静かにやるスポーツではないですし、試合の邪魔になるほどの応援をしているわけではなかったので

気にせずに応援をするようにしていました。

 

しかし、うちの息子はそこまで上手いわけではなかったので、目立って応援してしまうと、周りには不愉快なようで、たまに睨まれたり、少しずつ距離を置かれているような気がしていました。

ついにトラブルに・・・

mama-kenka

 

そんなある日、いつもどおり歓声をあげて応援していると、一人のお母さんが「ちょっと静かにしてくれません?○○君、ミスも多いのによくそんなに楽しそうに試合を見ていられますね!」と声をかけてきました。

息子のミスを指摘されカチンときましたが、さすがにうるさかったのかもと反省し「うるさかったですか?すみません。」と言って、声のボリュームを下げるようにしました。

しかし、やはりわが子を過剰に応援してしまうのは自然なことだし、屋外のスポーツの応援に遠慮はいらないと思い、声のボリュームを下げてからは気にせず試合を楽しんでいました。

 

しかしまたしても息子がミスをしてしまいました。

「どんまいどんまい!」と私が声をかけると、

先ほどのお母さんが「○○君のお母さん、応援控えてもらえませんか?」とまた声をかけてきたのです。

さすがに、応援をやめろというのは納得できないと思い、「息子はまだまだ下手で迷惑をかけてしまってるかもしれないけど、一生懸命やっていることを応援してあげたい、やめることはできない」と言い返しました。

サッカーの上手い下手は確かにクラブチームにとっては大切なことだけど、友達と切磋琢磨しながらサッカーを楽しんでいる息子を応援したい気持ちを邪魔されることには納得ができず、今でもその元ママ友たちとは和解できていないままです。

管理人からのコメント

自分のお子さんの応援は母親ならしたいと思って当然です。サッカーはチームプレイでやるのはお子さんたちです。応援する人がチームプレイを乱すことは子供の士気にかかわります。

投稿者さんはごく当たり前の行動をしただけです。

何も悪いことはありませんよ!

スポンサーリンク


share

シェアしていただけると大変うれしく思います。

1 個のコメント

  • 自分の子供を応援したいのはみんな一緒です。
    しかし、自分の子供だけを応援していたのがわるかったのですね。ウチの子も団体競技なのでよく分かります。試合に勝つのはチームで、です。
    いいプレイをしたら他の子も褒めてあげましょう。いいプレイをした子みんなを褒めて応援したら、保護者から嫌な事言われたりしないと思います。自分のせいで子供が面白くない思いをすることがないようにして行きたいと私は思っています。

  • マーガレット にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です